肺気腫(COPD)

ブログ
肺、COPD、肺気腫、肺水腫

今回、私用で図らずもまとめることになったので、こちらにも掲載しておきます。

また、健康食品系の類に関してのご利用は自己責任にてお願いいたします。

・肺気腫とは何か

近年では、COPDとも呼ばれる。

性肺気腫の日常臨床診断に当たっては次のような根拠によるのが通例である。

1) 労作性呼吸困難を主訴とする。

2)胸郭ピール樽状、打診音鼓性、呼吸音減弱である。

3)胸部レントゲン線像は透過性が大で、紋理の末梢部は枯枝状で疎であり、分岐角が鈍である。横隔膜は平低化し、呼吸性移動が少ない。

4) 1秒量減少 など呼出性 閉塞性換気障害が著明である。

喫煙に遺伝的要素が重なって発症する場合もあります。

・症状

肺気腫の症状 息切れ、咳、痰、痩せが、主たる症状です。

特に感じられる症状としては、息切れです。

これは坂や階段を登っている際に感じやすいとされています。

・原因

原因はタバコと言われています。

一部では、大気汚染物質のサナトリウムとも言われています。

他には、小児からの呼吸器感染症の罹患、有機燃料(バイオマス)を燃焼させた煙の吸引なども関与しているとされています。

ヘビースモーカーの約15%が最終的にCOPDになると言われ、「1日のタバコの本数×喫煙年数(ブリンクマン指数)が700を超えるとCOPDになりやすいと言われています。

※ブリンクマン指数が400を超えると、肺がん発生率が非喫煙者の約5倍高く、1200を超えると咽頭がんの発生率が急激に高まると言われています。

・治療法・治療薬

・保険適用

禁煙

気管支拡張薬の服用・鎮咳去痰薬の服用とも言われています。

在宅酸素吸入

呼吸困難感が強くなった場合には、抗生物質の点滴や、利尿剤など、原因に見合った治療が行われます。

・保険適用外

玄米などの全粒穀物、野菜や果物、青魚に多く含まれている不飽和脂肪酸、ナッツ類などを十分に摂取している人は、COPD(慢性閉塞性肺疾患)の危険性を下げられることが12万人を対象とした調査で明らかになりました。

強い抗酸化作用を持つ飲食

(アスタキサンチンはビタミンCの6000倍の抗酸化力)

抗酸化力のある食品

Β-カロテンを含む食品

(ピーマン、ニンジン、トマト、ホウレンソウ、ブロッコリー)

熱に弱く水溶性で、生で食べることをお勧めしています。

・黒プラチナ

難治性のスキルス胃癌で大学病院から手の施しようがないと言われた方に対して施行されたものが最初でした。

1か月以上食事をしていなかった、1人では立つこともできず、御家族に抱えられながら来院されました。

黒プラチナを飲んで頂いたところ、30分後に焼肉弁当が食べられるぐらいに回復されたというのです。

そして先生の黒プラチナの効果の御報告は続きます。

続々と酸素吸入がいらなくなった方々、そして先生の治療の御姿勢、患者・家族・医師の間で絶対に生きるという気持ちの共有が不可欠と。

黒プラチナとは、強力な抗酸化作用を持つ健康飲料です。

その抗酸化力はビタミンCの100〜1500倍とも言われています。

カゴメ株式会社は、日本人の肺気腫の患者が健常者よりも抗酸化物質の量が少ないことを確認した。

・予後

風邪症状を重症化させてしまう危険性があります。

志村けんさんも肺気腫を患っていました。

タイトルとURLをコピーしました